ストーリー Edit

妖魔の長、夜の君と呼ばれたそれとの戦いは
人類の勝利で終りを迎えた。

しかし、夜の君はその散り際に
汚れた血を撒き散らし禍根を残す。

その青き血を浴びたものは姿と性質を変え、
邪妖と呼ばれる存在に転じ、
人々から夜の世界を奪うモノとなる。

以来、この地は光差す時間はヒトが活動し、
闇に染まる時間は邪妖が蠢く、決して眠ることのない
“よるのないくに”となった。

青き血を浴び、“吸血”という呪われた能力を得た少女は、
“よるのないくに”でヒトのために生き、
夜の生贄となる一人の少女のために戦っていく。

地図に存在することのない“よるのないくに”。
これはそこに生き、戦い、その後誰にも語られることなく、
歴史の狭間に散った二人の少女の愛の物語。
その真実の愛にもとづく物語は、何よりも悲しく、月よりも美しい───

コメント Edit

コメントはありません。 コメント/ストーリー?

コメント:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-28 (水) 03:44:37 (117d)