物語と世界観

いにしえの大陸に、「アルフヘイム」と呼ばれる神の地が存在する。

かつて、この世界で栄華を誇った竜たちが滅びてから、長く時は流れた。
竜の魂は結晶化して、世界に散らばっていた。

しかし、あるときドラゴンの生存が確認される。彼の名は「煌竜イルバーン」。
失われた竜の力を求めて、帝国軍や教会勢力、
そして竜に仇なす者・「ドラゴンスレイヤー」が動き始める。

彼らの手からドラゴンを救ったのは、ひとりの「少女」だった。
やがて「竜の奏者」と呼ばれる戦士たちがドラゴンのもとに集う。
ドラゴンの脳裏に、幼いころ傷ついた自分を助けてくれた「少女」の記憶が蘇る。
それは、運命の再会だった。

ドラゴンと少女をめぐる、美しくも切ない物語が奏でられる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-28 (水) 05:40:45 (207d)