魔王オーダイン(グウェンドリン4章) Edit

基本情報 Edit

ラグナネイブル王国を統べる「魔王」と呼ばれる国王オーダイン。ラグナネイブル王国の民からは「王」「賢王」と呼ばれている。
数々の魔法を操る魔法使いであり、死の国エンデルフィアに出入りする道を知る数少ない人物。
かつてワーグナーを引き分け、恩賞として竜の血を授かることにより筋骨隆々とした肉体を手に入れた。
巨大なサイファー・魔眼「バロール」を所持し、強力な攻撃を行う。
ただしグウェンドリンがティトレルの指輪を献上しようと訪れた際には、オデットによって送り込まれたブリガンに憑依されてしまっている。
また、この状態ではなぜかバロールは使ってこない。(ネタバレにつき反転)

弱点・耐性 Edit

  • 炎上
    • 常に有効
  • 凍結
    • 常に無効。
  • めまい
    • 耐性はやや高めだが有効
    • 常に無効。
  • 仰け反り・ダウン
    • 耐性が高いがいずれも有効。ダウンを取ることで浮かせることができ、空中コンボ可能。

行動パターン Edit

ダッシュ Edit

青い軌跡を纏いながら猛スピードでダッシュする。プレイヤーをすり抜ける。攻撃判定は無い。

ジャンプ Edit

ジャンプして画面外上方へと消え、別の位置に落下してくる。プレイヤーの背後を取ることが多い。
攻撃判定は無い。

マント翻し Edit

至近距離にプレイヤーが居る場合に使用。マントを翻して叩きつけてくる。ダメージは無い。ガード可能。
振り返りと共に使用することが多く、こちらが背後を取っていざ攻撃しようとした時に使って妨害してくる。
呼び動作が全く無いため避けるのは困難。ダメージを食らうことが無いのが救い。

3連パンチ Edit

雄叫びと共に手前の拳を後方に引いたモーションの後、前進しながら3回連続で前方にパンチを放ってくる。ガード可能。
あまり射程が無く前進距離も短いので後方に大きく下がるだけでも回避できる。
ガードで3発を受け止めた後に反撃するのも良い。
背後に居れば原則として当たらないが、密着していると食らってしまうことがあるため密着は厳禁。

ダッシュパンチ Edit

雄叫びと共に手前の拳を後方に引いたモーションの後、前方に一気にダッシュしながら強力なパンチを見舞ってくる。ガード可能。
プレイヤーがいくら離れていても当たるかすれ違うまで突進してくる。
二段ジャンプかすれ違うように回避することで無効化可能。ガードで止めるのが無難ではある。

上段パンチ Edit

雄叫びと共に手前の拳を後方に引いたモーションをとり、長い溜め時間後に前方斜め上へ拳を突きだし、衝撃波をその方向へ飛ばす。
割と多用はしてくるものの、そうそう当たることは無い。ジャンプで背後に回ろうとする時にだけ要注意。ガード可能。
ただし前方・後方共に密着すると当たってしまう。後ろに回ったからといって迂闊に斬りかかると危険。

叩きつけ Edit

雄叫びと共に両拳を握って大きく上に振り上げるモーションの後、真下に叩き下ろしてくる。
拳は地面に当たった瞬間に前方に衝撃波を飛ばす。衝撃波のみガード可能。
拳のせいでジャンプで背後に回り辛く、結果振り下ろしで叩き落とされて食らうことも多い。
背後に居れば当たらない。拳そのものはガードできないので、一旦下がってから衝撃波のみガードすると良い。
衝撃波は空中には及ばないので、後方回避⇒即ジャンプで拳・衝撃波共に回避することも可能。
また、拳を振り下ろす瞬間に限り回避行動でオーダインの体をすり抜けて裏に回ることが可能。

ジャンプ叩きつけ Edit

一度でもHPバーを削り切った以後に使用。
雄叫びと共に手前の拳を後方に引いたモーションをとり、その場でジャンプした後に斜め下へ拳を叩きつけてくる。
叩きつけた地点から前後に衝撃波が発生する。衝撃波のみガード可能。
この体勢でジャンプしたらオーダインから離れるか、後方へジャンプして衝撃波を回避すること。

鬼火連射 Edit

一度でもHPバーを削り切った以後に使用。
前方に掌を突きだしたモーションの後、その掌から無数の鬼火を発射してくる。ガード可能。
鬼火は極めて長射程な上にホーミング性能も頗る高い。地形に当たっても消滅しないため、自然消滅を待つのは絶望的。
こちらの攻撃を当てることで消滅させることができる。素直にガードするか、範囲攻撃を当てるかして早々に消してしまいたい。

死霊召喚 Edit

一度でもHPバーを削り切った以後に使用。
前方に掌を突きだしたモーションの後、前方から2体のホーントを召喚する。HPが減ってくると数体のクリープスとガイスト(男)1体も召喚する。

キラークラウド Edit

一度でもHPバーを削り切った以後に使用。
懐から魔法薬キラークラウドを取り出して使ってくる。
キラークラウドはオーダインの前後二箇所の空中に張り巡らされる。アンチドートで無効化可能。
ジャンプさえしなければ当たらない上に範囲も狭いのであまり脅威にはならない。
攻撃のジャマではあるので、キラークラウドを使ってきたらその場から離れてオーダインを誘えば良い。

キャラ別攻略 Edit

グウェンドリン Edit

↑□⇒空中通常×4を軸にして戦いつつ、攻撃モーションが見えたら回避するかビークドライブで裏に回るかすると戦いやすい。
ただし回避やビークドライブの入力は早めに。グウェンドリンは敵を硬直させる手段に乏しく、うかうかしていると回避が間に合わない。
ガードを軸にして前方で待ち構え、オーダインの攻撃をガードした後に反撃するのも一つの手。
ガードバッシュを習得していれば、これを使用することでオーダインを少し硬直させることが可能で、攻撃チャンスを作りやすい。
この戦法はクレッセントライジングを習得している場合には特に効果的(初回時には未習得だが、再挑戦時やXTRAモードでは有効)。
幸い浮かせることができる相手なので、いざ浮いたら即座に長時間の空中コンボを行って一気にダメージを稼ごう。

後半はホーントやクリープスなどが召喚されてくるが、ある程度無視しても構わない相手ではある。ガイスト(男)だけは厄介なので倒しておく。
鬼火連射が特に厄介ではあるが、ガードで防げるしブラインディングで消し去る事も可能。
ガードで防ぐ場合は、オーダインや雑魚に背後を取られないようにだけ注意。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • このときはまだバロールもってますよ 単にブリ様の都合かオーダイン側の抵抗かと -- 2016-06-01 (水) 19:19:49
  • 「 青い軌跡を纏いながら猛スピードでダッシュする。プレイヤーをすり抜ける。攻撃判定は無い。 」これやらなくないですか 青い軌跡纏わない通常ダッシュすらしないような -- 2016-09-06 (火) 02:58:14
コメント:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-28 (水) 04:20:23 (2756d)