ムネチカ Edit

戦技 Edit

名称理力範囲属性説明備考
穿吸2単体-威力は並・与ダメージの10%を理力として吸収(幽気種には吸収不可)
砕岩衝5単体-威力は強・会心確率が上昇+地中の対象を攻撃可能。
招襲蛇岩18単体威力は超・蛇岩を召喚する(蛇岩は物理攻撃判定+地中攻撃可)
封聖陸6範囲威力は中・封印効果あり+幽気種に対して威力が増す。
封聖陸・改11範囲威力は大・封印効果あり+幽気種に対して威力が増す。
封聖陸・極18範囲威力は超・封印効果あり+幽気種に対して威力が増す。
回生煌12全体-体力を小回復させる(ただし最大75まで)
回生煌・改28全体-体力を中回復させる(ただし最大125まで)
回生煌・極45全体-体力を大回復させる。
清祓4単体-毒、火傷、感電、睡眠、混乱、封印を解除できる。
喝再12単体-戦闘不能を最大体力の25%で復活させる。
喝再・改25単体-戦闘不能を最大体力の75%で復活させる。
盾崖壁20単体-一度だけ物理攻撃を無効できる力壁を作る。
護硬の陣13単体-味方の防御力上昇効果を、連環上に扇状で形成。
堅心の陣13単体-味方の精神力上昇効果を、連環上に扇状で形成。
金剛招来0自身-金剛招来状態へ変化する。7章獣面の男との戦闘時に習得
打掌尽壊50単体-威力は超・対象が状態異常だと威力が増す(金剛招来時専用)7章獣面の男との戦闘時に習得
羅豪形砕拳66単体-威力は極・会心確率が大きく上昇(金剛招来時専用)7章獣面の男との戦闘時に習得
奥義・玉輝皇励38単体-味方の防御と精神力上昇効果を、環上に形成+宝石が3つ出現する。7章獣面の男との戦闘時に習得

性能・メモ Edit

  • BP割り振り
    • 体力、理力、防御、精神を上げるのがオススメ。
      特に精神は回生煌の回復量に影響するので多少はあげておこう。
    • 回復や補助に回ることが多くなるので守備寄りに育成すると良い。
  • ヒーラーとして活躍
    • ムネチカは物語の終始に渡って回復役として活躍する。
    • 回生煌は全体回復できるので重宝。
      回生煌で回復量が足りない場合はアイテムによる回復も検討。
    • 体力に余裕があるときは理力回復アイテムなどを使うと良い。
  • 奥義
    • 味方の防御と精神力上昇効果を環上に形成+宝石が3つ出現。
    • 護硬の陣や堅心の陣は扇状効果なのに対し、奥義は環上効果。
      しかも1度に防御力と精神力を同時に上昇できるので強力。
    • このバフを受けるために味方は上昇しないほうが戦況が安定する場合もある。
  • 気力ゲージの使い道
    • 金剛招来
      • 3ターン限定で自己強化。環上効果の奥義に比べると恩恵が薄い。
        羅豪形砕拳も攻撃にBPを振っているのであれば別だが、ミカヅチの攻撃力には及ばない
      • 使うとしたら、回生煌・極や喝再・改を習得する前で、その使用目的くらいだろうか。
    • 上昇
      • 素早さが低いムネチカにとって上昇はターン回りを早めることができるので恩恵が大きい。
      • 一方、上昇することで奥義等の環上バフを受けれなくなる可能性がある。
    • 奥義
      • 環上にいる味方全員に守備バフを付与。戦況が安定しやすくなる。
    • 上昇と奥義、どちらもメリットが大きいので状況に応じて選択すると良いだろう。
    • 一部の敵は連環の位置を下げる技を使用。
      その場合、どうせ連環を下げられるなら奥義1択で良いかもしれない。

コメント Edit

コメントはありません。 コメント/ムネチカ

コメント:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-02-17 (金) 11:30:46 (43d)